陸マイラーはじめました。

マイルで年二回の海外旅行に行こうと画策する30台サラリーマンです。基本飛行機は乗らないので、陸で貯めてます。名古屋からの便の少なさに絶望中

海外旅行保険のエイチ・エス損保に航空機寄託手荷物遅延費用を請求

シンガポールへ2016お盆旅行

今年のお盆旅行はデルタのスカイマイルが少し貯まっていましたので、どこかいけるところがないかと探していました。すると提携の中国東方航空(以下MU)でビジネスクラス112,200円(もしくは85,000マイル)というのが出てきました。お盆シーズン真っ只中でこの料金は破格です。日系やシンガポール航空であれば、エコノミーでもこの値段では取れるかどうかわからないレベルです。正直飛びつきたい値段でしたが・・・。

中国東方航空の評判

LCCより安いと言われる中国東方航空。口コミも散々ひどいことしか書かれておらず、どうしようか迷う。乗った人の口コミの半分はもう二度と乗らないという口コミって異常ですよね。ここkまで評判の悪い航空会社を見たことがありませんでした。結論からいうと、値段に勝てず、即日予約をしました。

ちなみに希望していた名古屋NGO→上海PVG→シンガポールSINはすでに満席のため、

往路 関西KIX上海PVG→シンガポールSIN

復路 シンガポールSIN→上海PVG→名古屋NGO

f:id:eggplant123:20160909222545p:plain

というルートを取りました。

 

保険について

いつも海外に行くときにわざわざ契約をして保険に入るということをしていませんでした。クレジットカードに自動付帯されている保険でおおよそのことはカバーできると考えていたからです。しかしながら、東方航空の口コミで評判を悪くしていた原因は2つでした。1つ目は航空機の遅延でした。それも頻繁におきていました。これは東方航空が悪いわけではなく中国の空港に原因があるわけですが、全て航空会社の責任になってしまいますよね。つぎに多くあったのはロストバゲージ(寄託手荷物の紛失)でした。この二つは僕の持っているカードでは満足いく保障が受けられませんので、別途保険に入ることにしました。

保険会社選び

中国東方航空を選ぶ時点でお察しですよね。無駄なお金はないんです。価格重視でいくと、エイチ・エス損保のネット海外旅行保険「スマートネッとU」がダントツで安いんです。6日間夫婦二人で3,610円と激安です。これで航空機遅延費用30,000円と寄託手荷物遅延費用100,000円を含んでいます。しかしながら評判はよくない。対応の悪さや不払い。でも今回も安さに負けてこちらに加入です。

f:id:eggplant123:20160909004317p:plain

関空にて

行きは関空発の為、朝新幹線で向かいました。先に送っておいた荷物をピックアップし、チェックイン。中国東方航空のビジネスはサクララウンジを使用できました。

f:id:eggplant123:20160909222314j:plain

サクララウンジの中はとてもきれいで、軽食等もあり大変ゆったりできます。また喫煙も喫煙室として、机や椅子・カウンターなどが配され、かなりの面積が確保されています。よくある6畳ほどの喫煙所という感じではありません。

そこでリラックスしながら搭乗の呼び出しを待ちます。しかし搭乗時間近くなっても呼び出しはありません。やっとのことで呼び出しかと思ったら、遅延のお知らせでした。次の搭乗時刻はまだわかりません。ある程度の遅延は覚悟していたけど、遅延の時間がどのくらいかわからないというのは、予想をしていませんでした。

f:id:eggplant123:20160909222637j:plain

気持ちを落ち着かせる為に、マッサージチェアで15分休憩して再度カウンターに確認に行くと、『先ほど上海を出たとの報告がありました』とのこと。ええええええええ?

f:id:eggplant123:20160909222642j:plain

『新しい出発時間は15:00になります』って、上海での乗り換え時間が1時間45分しかないのに、今の時点で1時間50分のディレイが確定。乗換えができません。

とりあえずそのことをJALのスタッフに伝え(東方航空の関空での地上業務をJALが担当している)、次の便に振り替えてほしいと伝えても、『それはこちらではできません。上海で交渉してください』ときっぱりと断られました。次の便に振り替えができた場合でも、6時間以上の遅れとなる為、保険会社に電話し、事情を説明し、遅延保険の適応の対象となることを確認しました。

f:id:eggplant123:20160909230355p:plain

保険の対象となるものは、次の飛行機が車でのホテル代・食事代・ホテルまでの車代・通信料などが対象になるとのことでした。次の便に乗れなければ翌日の便になる可能性が高い(他社便への振り替えなんてしてくれるのかな?)のでホテルの予約があるが、泊まれなかった場合にも費用が出るかも確認したら、それは出ませんとのことでした。でも支払いをする場合に、目的地において提供を受けることができなかった旅行サービスの払い戻しを受けられない費用とあるのに・・・。

とりあえず、日本で可能な限り確認し、請求書を送ってもらえることになりました。

上海浦東空港にて

関空を15:00に出発し、およそ一時間半後上海に到着。すでに、出発時刻が過ぎています。

がしかし!!トランジットカウンターで『シンガポール!!シンガポール!!!』と叫んでいる空港スタッフがいます!必死にシンガポール行きだとアピールすると、違うレーンに入れてくれました。そのあとからはもう必死にダッシュです。その頃には必死にダッシュする日本人集団が出来上がっていました。無我夢中で、写真も撮らずゲートまでダッシュすると・・・ちょうど搭乗が始まったところでした。結局中国の空港自体が混んでおり、全ての便が遅れてくれた為、乗ることができました。

f:id:eggplant123:20160909233457j:plain

f:id:eggplant123:20160909233610j:plain

シートはなんとフルフラットの新しいものでした。

f:id:eggplant123:20160909233626j:plain

足元も広々です。

f:id:eggplant123:20160909233653j:plain

ディスプレイもでかい!

f:id:eggplant123:20160909233718j:plain

シャンパンはテタンジェです!座席につくなり、この飛行機に乗れたお祝いをシャンパンでしていました。このあと起こる更なる悲劇を知らずに・・・。

シンガポール チャンギ国際空港に到着

到着は23時過ぎでした。とてもきれいな空港でテンションがあがります。スムーズに入国審査も済まし、バゲージクレイムで荷物を待つが全く来ません。最後のかばんが出てきて、ロストバゲージ確定です。カウンターへ行き、ロスバゲの証明書をもらいますが、係員が一人しかいない為、遅々として進みません。幸い、二番目ぐらいだった為、すぐ申請できましたが、僕の後ろに十数人の日本人が並んでいました。話を総合すると、関空から上海経由(走って)でシンガポールに来た人ばかりでした。

自分番になりクレイムタグを見せて、手続きをします。ハードケースかソフトケースかやスーツケースの色などある程度のことをきかれ、証明書を発行してもらい終了です。金銭的な保障も、下着や歯ブラシなどが入ったアメニティーセットも何もなしでした。

死ぬほど不機嫌な嫁を横目に、とりあえず両替をし、SIMカードを購入しました。15ドルのSIMカードはトラベレックスで購入できます。

コンラッドでの対応

f:id:eggplant123:20160909235642j:plain

今回ホテルはコンラッドを二泊とサンズを二泊予約していました。コンラッドでのチェックインの際ロスバゲの旨を伝えると、控えをコピーさせてほしいと言われ、全てお任せしました。また、僕らが何の荷物も持っていないことに気づくとアメニティーのセットをひとつずつくれました。

f:id:eggplant123:20160910001023j:plain

f:id:eggplant123:20160910001036j:plain

中にはパンツ・シャツ・靴下・歯ブラシ・制汗スプレー・髭剃りなど入っており、一晩を過ごすのには十分でした。

保険屋に確認

再度保険屋にし、保険の適応の条件を確認します。日本への国際電話になりますので、ホテルに折り返しの電話をもらいます。

まず、状況を説明し、保険の適用範囲かと聞くと、当然適用となるとの回答をもらう。

次に保険屋から保険についての説明がある。

  • 身の回りのものは買っていただいてかまいません。
  • その際レシートを必ずとっておいてください。
  • しかしながら荷物の到着が6時間以上遅れた場合に保険が適用されますので、5時間で荷物が届いた場合は、保険は使うことができません。
  • 服や靴等を購入してもらってかまいませんが、化粧品を購入する場合は旅行用のものでお願いします。
  • 購入は荷物が届くまでに購入したものに限ります
  • 一人1000ドルではなく二人で1000ドルまでが補償範囲

以上が相手方に聞いた条件でした。

こちらからの質問は何をもって荷物が届いたとするかぐらいでした。荷物がホテルに届いた時間が13:30でこのレシートは14:00ですので、適用されませんなんて言われたときにはたまりませんからね。これの回答は、荷物を受け取った時点で構いませんとのことでした。

この日はここまでにし、明日の朝荷物がフロントに届いていることを願いながら就寝

しました。

爆買い

翌朝コンシェルジュに荷物が届いているか確認するも、まだ届いていないとの返事でしたので、早速;昨日と同じ服を着て買い物に出かけました。本当に手元には何もなかった為、さまざまなものを買いました。下は購入リストです。

  • 化粧品(旅行用は肌に合わなかったためSk-2のトライアルキット)110ドル
  • 下着 59ドル
  • 下着 靴下等 99ドル
  • パンツ・Tシャツ・上着 103ドル
  • Tシャツ シャツ 58ドル
  • サンダル 29ドル
  • 男靴 119ドル
  • 女靴 49ドル

しめて750ドル相当を購入しました。

スーツケースは2日目の晩に1個、3日目の午前中に1個とどき、ひとまず安心しました。

全てはコンラッドホテルのコンシェルジュが尽力してくれたおかげでした。状況等も逐一報告してくれますし、日本人スタッフの方も3人いらっしゃいますので、今回の状況でもなにも不安なことをはありませんでした。そのおかげで、滞在中は遊ぶことに集中できました

帰国後の請求

帰国するとすでにポストには保険金請求書が入っており、ロスバゲの証明書を入れることや購入したもののレシートの原本を入れることなどが書かれていました。大して難しいこともなく、請求書は作成できました。

念のため、証明書やレシートは全てコピーをとり、郵送には簡易書留を使用しました。

一週間もしないうちに、保険金が請求額の(日本円に換算した)全額が振り込まれており、遅れて郵便にて支払いをした旨の通知が来ました。これで今回の事故処理は終わりました。

まとめ

今回は評判の悪い東方航空を利用しましたが、最終的な評価はあまり悪くは有りませんでした、ロスバゲ等はありましたが、あの値段でビジネスクラスに乗れると言うことを考えれば選択肢としてはありだと思いますし、また利用するかと言われれば、利用すると答えるでしょう。評価が低いのは過度の期待があるからじゃないでしょうか。

また、今回心象がそんなに悪くないのは保険に入っていたからと言うのが大きいです。今回保険に入っていなければ、着替え等は全て自腹となり、嫁の機嫌もMAX悪くなっていたことが想像に難くはないでしょう。しかしながら、『保険に入っているから好きなものを購入していいよ』と言えば、それはそれで楽しんで買い物をしていました。

東方航空を乗る上で、リスクを理解して、文字通り保険をかければそんなに悪い航空会社じゃないですよ。また、同じく評判のあまりよろしくないエイチ・エス損保も請求後電話等もなく、クールな会社ですが、支払いもスピーディーでした。次回もこの保険を使うかと言われれば使うと思います。全てのことにいえますが、規約等も理解した上で利用すれば、必ずしも悪くはない(悪い評価の中には『他の保険では・・・』という書き込みが散見されますが、他の保険と比べるのはナンセンスです。他の保険とは保険料が違うのですから、何かが削られて当然です。『他の保険では・・・』というなら、なぜその保険に入らなかったのか・・・。)ということを実感したたびでした。