陸マイラーはじめました。

マイルで年二回の海外旅行に行こうと画策する30台サラリーマンです。基本飛行機は乗らないので、陸で貯めてます。名古屋からの便の少なさに絶望中

【陸マイラー】マイルを貯める方法 ポイント比較サイト編【ANA】

 先日ポイントサイトの仕組みをご紹介しました。

okahajimemashita.hateblo.jp

 今回はポイントサイトを使う上で、大変便利なサイトを紹介します。知らないと損します。

どこのポイントサイトを使うか

ポイントサイトを経由してサービス(クレジットカードの発行やFX口座の開設)を申し込む場合に、何を基準に選ぶと良いのでしょうか。実際にクレジットカードをポイントサイト経由で申し込もうとした場合、どこのポイントサイトで申し込もうかという問題にぶち当たります。これは同じ案件・同じ条件でもポイントサイトによって、還元率や報酬額が違うためです。案件によっては倍以上も変わってしまう場合があります。そのため、陸マイラーは必ず複数のサイトに会員登録を行い、最高の条件のサイト経由で申し込みをしています。どうせやるなら、報酬額が高いところでやりたいと誰もが思うのではないでしょうか。

でもいちいち登録している全てのサイトをめぐり比較するのはメンドクサイですよね。それを解決してくれるサイトがあるんです。その名も『どこ得』

f:id:eggplant123:20160907230120g:plain

 

どこ得の使い方

もうほんと使い方なんて殆どないですが、とりあえず、ページにアクセスしてみてください。ポイントサイト案件比較検索 / どこ得?

f:id:eggplant123:20160907230112p:plain

アクセスしたらもうやることはひとつですよね。空欄に調べたいワードを入力し、どこ得?をクリックするだけです。今回はもう旬は去りつつある話題ですが、あのアメックスゴールド祭りでおなじみの、アメックスのゴールドカードを検索してみます。

f:id:eggplant123:20160907231240p:plain

上記で検索をかけた結果

f:id:eggplant123:20160907231309p:plain

あれ?目的のカードが出てきません。ポイントサイトには掲載があるのに、どこ得にはヒットしてきません。これはアメックスと言う表記が問題となっています。どこ得はポイントサイト上での案件名で検索をするため、アメリカンエキスプレスをアメックスと表記しても検索にヒットしないというわけです。それでは気を取り直して、アメリカンエキスプレス ゴールドを検索します。

f:id:eggplant123:20160907232424p:plain

ヒットしません。おかしいですね。どこ得の説明に答えがありました。

各ポイントサイト上での案件名のため表記ゆれが起こりえます

1 Yahoo!ショッピング

2 Yahoo! ショッピング

(1) を検索語にした場合は (2) はヒットしません (2) を検索語にした場合は AND 検索になるため (1) (2) 両方がヒットします

 

f:id:eggplant123:20160907231618p:plain

  ということで、細かく区切ってAND検索になるように検索をかけてみます。

f:id:eggplant123:20160907233315p:plain

 やっと目的の検索結果が出てきました。画面に出ている中だけでも、最高額でi2iポイントの17,500円からポイントミュージアムの9,072円までかなりの差があります。これを見てこの案件をポイントミュージアムでやりたいと思う人はいないはずです。もちろんi2iポイントで!と行きたいところですが、ちょっと待ってください。このブログをよんでいただいてる方は、当然ポイントをマイルにしたいという人ばかりだとおもいますが、i2iでは交換先は現金や現金にギフトコードマイルになり、マイルに交換することができません。

f:id:eggplant123:20160908000252p:plain

ということで、今回の案件でであればGetMoneyで17,000円分のポイントをソラチカルートに乗せれば15,300マイルになりますので、かなりおいしい案件です。

f:id:eggplant123:20160908001916p:plain

 まとめ

どこ得は大変便利なサイトですが、検索の仕方に多少癖がありますが、使い方をマスターして必ず使ってください。どこ得に表示される金額は、全て換金レートを適用した数字ですので、純粋に報酬を比べることが来ます。

しかしながら、ポイント数の高さに惑わされ、ポイント付与後、現金にしか交換できないという事がないように、そのポイントサイトのポイント先を確認したり、ポイ探を利用するなどして、自分の交換したいポイントに確実に交換できることを確認してから、申し込むようにしてください。