読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

陸マイラーはじめました。

マイルで年二回の海外旅行に行こうと画策する30台サラリーマンです。基本飛行機は乗らないので、陸で貯めてます。名古屋からの便の少なさに絶望中

SBI FX口座での取引の解説

マイルに交換するためのポイント

先日の記事でメトロポイントを好条件でマイルに変換するソラチカルートについて解説させていただきました。 

okahajimemashita.hateblo.jp

 ではそのメトロポイントに交換するための元のポイントをどのように獲得すればいいのでしょうか。今回は獲得するための方法をご紹介します。

f:id:eggplant123:20160901234804p:plain

 

ポイントを獲得するための方法

ポイントを獲得するための代表的な方法は、ポイントサイトと言われるサイトを経由し、買い物をしたり、クレジットカードを作成したり、FX口座を作成したりすることによって獲得することができます。ポイントサイトと言うのは有名なところで『ハピタス』や『ちょびリッチ』などがありますが、今回は詳しく説明しません。重要なのはポイントサイトを経由する程度に認識していただければ結構です。

今回はPointIncome(ポイントインカム)というポイントサイトを経由し、SBIFXトレードというFX(外国為替証拠金取引)口座を開きます。ポイントを一気に貯めるための一番オーソドックスな手段になりますので、丁寧に解説できたらと思います。

f:id:eggplant123:20160902002005p:plain

 

FX口座での取引

 今回はポイントサイトはポイントインカムを利用しました。ポイントインカムを経由し、申し込みをすると150,000ポイント(15,000円相当のポイント)を獲得できるキャンペーンです。

f:id:eggplant123:20160902003034p:plain

ココからが重要なお話ですが、世の中そんなに甘くはありません。FX口座を開設しただけでは15,000円相当のポイントがもらえません。FX口座の開設の場合は『○○万円以上入金し、○○Lot以上の取引』という条件が課せられる場合が殆どです。今回の応募条件はこのようになっていました。

 

 f:id:eggplant123:20160902005007p:plain

 

要約すると条件としては3つです。

  1. 90日以内に
  2. 一万円以上入金し
  3. 1通貨以上の取引

というのが条件です。

1,2は日本人の方なら理解できると思います。問題は3ですね。通常は○○Lot以上という書かれ方をしています。Lotと書いて『ロット』と読みます。ロットとはFXで使われる取引単位のことです。ほぼどのFX業者でも1ロットで10,000通貨としているところが多いです。SBIでもドル円は1Lot=10,000通貨です。『枚』という単位も同じです。

1Lot=1枚=10,000通貨

では3の『1通貨』の意味ですが、ドル円を取引する場合は1ドル以上の取引をしてくださいとの意味になります。1ドル現時点で100円前後ですが、100円ほどの為替の取引を行うことで、3の条件を満たすことができます。

早速取引をしてみる

 それでは早速SBIFXにて取引をしていきます。申し込みをして、転送不要の書留で送られてきた封筒を開け、ログインIDとパスワードを入手したので、ログインです。 

f:id:eggplant123:20160902231955p:plain

 わかりにくいですが、トップページからログインです。

 

f:id:eggplant123:20160902232406p:plain

  送られてきた口座開設手続き完了のご案内に記載のあるログイン情報を見て、入力してください。

 

f:id:eggplant123:20160902232857p:plain

はじめにログインすると、上記のような右に承諾と書かれている確認ページが出てきます。サクッと確認して、承諾を押してください(3個とは限りませんので悪しからず)。承諾ボタンを押すとその項は消えます。すべて消えたら④の次へを押してください。

さて、ログインし、取引画面が出てきました。先ずは入金しないと何も始まりませんので、入金を行います。ちなみに僕は楽天銀行をメインに使っていますので、楽天銀行の場合の説明となりますが、基本的に操作は同じで、銀行毎のログイン画面の操作が違うだけですので、問題なく進めれると思います。

 

f:id:eggplant123:20160902234749p:plain

入金ボタンをクリック

 

 

f:id:eggplant123:20160902234959p:plain

 今回は条件の最低条件である10,000円しか入れてありません。キャンペーンをこなすだけであれば10,000円で十分です。潤沢な資産がある方は好きなだけ入金してください。

 

f:id:eggplant123:20160902235416p:plain

次の画面で、自分の利用している銀行をクリックすると、その銀行のログイン画面が出てきますので、そこからログインして、入金処理をしてください。いつもやっているログインと同じですので、躓くこともないと思います。

 

f:id:eggplant123:20160902235726p:plain

さてこれで入金できました。右上の口座状況に先ほど入金処理をした10,000円が反映されています。

 

f:id:eggplant123:20160903001502p:plain

 取引のための設定です。重要です。

  1. USD/JPYになっているか確認してください。
  2. デフォルトで新規にはなっていると思いますが、無効になっていると思いますので、有効を選択してください。
  3. 数量を1USDにしてください。画像では100USDになってしまっています。ボタンで数量をいじると100USD単位でしか動かせませんので、キーボードで打ち込んでください。ちなみに僕は後で気づきました。。。

 

さて、いよいよ注文になりますが、ここでFXでの大まかな流れを説明します。

FXでも、株でも取引は様々な種類がありますが、ここでは本当の初歩の初歩の説明になります。専門的に知りたい方は、もっと詳しく説明しているサイトが有りますので、そちらをご覧いただくとして、今回は一番カンタンで、頭に入りやすい『ドルを安く買って高く売る』という取引をしていきます。

取引画面をご覧いただくと、AskBidと書かれたそれぞれの数字があると思います。Askとは、FX会社がトレーダーに提示する売値(トレーダーにとっての買値)のことです。逆に、買値(トレーダーにとっての売値)のことをBidといいます。FXでは、売値と買値の両方が同時に表示されます(ツー・ウェイ・プライス)。また、売値(Ask)と買値(Bid)の差がスプレッドといい、この差が少ないほどトレーダーには有利になります。

通常Askで買ってBidで売るという行為をセットで行うので、取引は2回行われます。ということで、実際にやってみます。

 

Askと書かれた場所をクリックすると、すぐ約定(注文の確定)します。

f:id:eggplant123:20160903201821p:plain

 

注文が確定すると下記のような画面になります。評価損益はスプレッドが有る分だけ注文時は必ずマイナスになりますので、お気になさらず。

f:id:eggplant123:20160903202042p:plain

 

次に新規→決済に変更し、今度はBidと書かれた部分をクリックすると約定します。これで1通りの取引が終わります。1~100ドル程度であればすぐに決済してしまえば大して損得はありません。何も考えずに注文を約定してください。今回の目的はFXで儲けるわけではなく、ポイント付与の条件達成が目的です

f:id:eggplant123:20160903204112p:plain

 

売り注文が確定しました。保有建玉はございませんとありますので、すべての取引が終わりました。

f:id:eggplant123:20160903203943p:plain

 

今回の取引で、26銭ほど儲かりました。買う額が少なければ、当然取引金額が少なくなれば儲けも少なくなりますが、同様に損も少なくてすみます。

f:id:eggplant123:20160903211821p:plain

 

僕が口座開設した時は、口座開設500円キャンペーンをやっており、ポイントサイト経由でもOKでした。取引の翌日には付与されていました。

   

まとめ

以上がポイントサイトでポイントを貯める為の有力な手段のひとつ『FXの口座開設』でポイントを貯める方法になります。今回はSBIFXで取引の一通りの流れを説明しましたが、どこの会社でも取引画面等に差異はありますが、やることは一緒です。

今回SBIFXを例にあげて紹介したのは、SBIFXが一番条件が条件が甘いです。通常であれば取引額が1Lot以上で30取引(15往復)というところが多いでが、SBIFXは破格の条件です。条件は変更になる場合もありますので、やるひとは早めにお試しください。

関連記事

 

www.oka-mile.com